上根来地域視察 byあこ

山の家(旧上根来小学校旧校舎)大掃除

プロジェクトの地域拠点となることを目指して、まずは「これからお世話になります!」の大掃除。

ホコリだらけだった体育場の拭き掃除、伸び放題だった校庭の芝刈りに草木の剪定。まだまだ手を入れなければいけないところはたくさんあります。

自然に囲まれた山の中の木造校舎はまるでジブリのような世界です。

上根来集落の視察

現在はトタンが被せてありますが本来は萱葺き屋根の民家が連ねる山村で、日本の原風景が今も残されています。

理想と現実、都会と田舎、人と自然、今と昔、集落の現状を見て回りながら皆それぞれに思いを巡らすところがありました。

いつか、湯気が立ち昇り笑い声が聞こえる萱葺きの民家と、青い棚田が広がる集落に還ることを想像しながら。

 

根来と山と水

昔の根来は「炭焼き(木炭)」が盛んで、山に入ると至るところに炭焼きの窯場跡が見られました。

今は山も人の手が充分に行き届かない現状にありますが、一部の高齢の住民の方や、元住民の有志団体の手によって管理や植林の作業が地道に続けられています。

根来は「水源の森」とされていて、小浜の海まで水を供給していく貴重な資源です。これは地域住民だけの問題ではありませんね。

 

上根来畜産団地跡

地域の最奥に位置する畜産団地、昭和50年代~平成の初めにかけての経営で、これが上根来で最後の産業となりました。

ここにまた大きな産業を誘致するような考えは思い浮かびませんが、牛を最大500頭飼育できた広大な敷地・頑丈な鉄骨・広く大きな屋根・野外の空気。 この場所を使って楽しめる方法ならいくらでも思いつきそうです。

 

サバイバルな打ち上げ会

山の家の校庭でバーベキューをしました。電気なし。ガスなし。水道なし。不便です。でも、ある物と工夫を使って楽しみました。

ただ、この日は台風直撃の前日で、夜から天気が荒れてきました。これはプロジェクトが台風の目となって地域に旋風を巻き起こせという思し召し?と、雨の降りしきる中続けましたが、はたから見れば「避難民」です。良い子の皆さんは台風が来たら家に帰りましょう。

 

What's New

2017年

10月

04日

秋の上根来

用を済ませに少しだけ上根来に行ってき。もう空は完全に秋の空だ。

よく晴れているが風が強く、戸を開けていると長袖シャツだけでは寒く、フリースを重ね着してもなお寒いくらいだ。アブラギリの葉も週末よりぐっと黄色く、秋が一気にやってきていると実感。でもこういう季節の移ろいを実感するっていいことだなあ。

実は先日、大人の林間学校の後片付けのときに助太郎の屋根裏で五徳を発見したので、これを囲炉裏に据えてみました。でっかい五徳なので、なんとかギリギリ収まりました。

林間学校で使ったかっぽ酒用の竹をそのままディスプレイに置いてあるのですが、こういうのを見ているとでっかい鍋で何か作りたくなってきます。^^;

2017年

10月

01日

大人の林間学校#2

朝5時に起床。なんでそんなことをするのかというと、天気がよくて、気温が10度くらいに下がるので、もしかすると雲海が出るかもしれないので、起きてみようということになったのだ。

通常雲海が出るのは10月後半からなので、どうかなあと思いつつも遠敷峠にいってみた。

なんと、見事に雲海が出ていた。

10月になったばかりでこんなに見られることは滅多にない。最近お天気をことごとく味方に付けている私の面目躍如であろうか。^^;

 

さらにご来光も見ることができた。いやあ、こんな機会は滅多にないですよお。

早朝から満足した宿泊組のみなさんでした。眠気も吹き飛んだね。

 

今回の雲海はここが一番素敵だった。雲が流れ落ちていくアングル。

満足して上根来に降りてくると、アイザワちゃんが絶品「鯖の舟場汁」を持ってきてくれていた。葉寿司(へしこ・小鯛)も準備して、さらに上根来の行事食定番の鯖のねぎぬたも登場し、朝からみなさん食べる食べる、この人数で1升のご飯をたいらげました。

食後の運動ではないですが、とち餅作り。できたお餅はお土産に。

 

私がお手伝いした竹の水筒と、Kさんのおじさんが作ってくれたアブラギリの杖という、わけのわからないお土産も持って帰っていただきました。

この後、上根来小学校、鵜の瀬、若狭姫神社と見学し、おさかなセンターで買い物して七輪焼広場で焼いて食べ(なんだか食ってばかりという感じだなあ)、午後2時に解散。

お越しいただいた皆さんに心から感謝。

スタッフとして来ていただいた百里会はじめみなさんに心から感謝。

この機会をくれた市役所文化課に感謝。まあともかく近年にない充足感です。それは思うにスタッフと参加者の一体感なんだろうね。

2017年

9月

30日

大人の林間学校#1

日本遺産関連行事で上根来プロジェクトの一環でもある「大人の林間学校」。上根来に来てもらっていろんな体験をしてもらい、そのまま泊まってもらう企画である。

京都をターゲットのひとつにしているので、京都からジャンボタクシーで鯖街道針畑越えルートを通って上根来に来てもらう。最初に遠敷峠に集合。

 

ちょっと曇り空だが、上根来集落からずっと先の若狭湾まで見える。

 

 

最初の集合写真。当初期待より参加者は少なかったが、その分密度高くやっていこう。

 

遠敷峠から登って針畑峠へ。若狭坊の説明を聞きつつ、ここから鯖街道ウォークである。

鯖街道針畑越えルートといえばこの深掘れ。標高にして400m以上を降りていく。

 

畜産団地跡に到着すると、Oさんの絶品猪汁が待っていた。ぼたん鍋なんぞ銀河の彼方に吹っ飛ぶくらい美味い。シンプルな味付けで肉の旨味がダイレクトにわかる鍋だ。

 

このあと雪室見学、そして薪割り体験。

歩いて炭焼き窯へ。ここで窯詰め体験。さらに上根来集落まで歩き、とち餅作り体験。そして集落散策。私はBBQ準備で行かなかったのだが、何やら「ブナ歩き」としてまた山に登ったっぽい。

 

百里会の方々も参加いただいてBBQ。もちろん小浜だから普通のBBQではない。最初に焼くのは肉ではなく焼き鯖、そしてタイカツや醤油干し、なれずし、鯖缶の小浜ならではの海の幸が次々に出てきてそのあとに出てきた肉も猪肉である。

 

かたわらでドラム缶風呂の準備。女性も含めて参加者みなさんが経験していただけた。

 

写真だけを見ていると何やら深刻な会議をしているような絵面になっているが、実はリラックスしきった、ややグダグダ気味ですらある飲み会である。

お開きになったのは何時頃だろうか。このあと百里会の皆さんが帰り、少しギターも弾いたりして、それでもその日のうちには寝たと思う。

イベント主催者でありながら、存分に楽しませてもらった1日でした。

2017年

8月

21日

上根来の夏体験

今日は大学生4人の体験ツアー。

小浜市が大学生4人の地域体験的なものを受け入れるということで、そのうち1日を上根来で過ごさせてほしいということで対応した。

Tくん、アイザワちゃん、地域おこし協力隊のハシモト君が助けてくれた。ありがたや。

 

今日も炎天下の小浜、さすがの上根来も朝からじりじり暑い。日よけタープ代わりのブルーシートを張って、里山体験。といっても「山の人たちは何でも自分で作る」というだけのテーマで、竹を切ってきて流しそうめんの樋を作り、さらにお椀と箸も自分で作るという、なにやら昨日もそういうことをやったような気がする内容のコンテンツに取り組む。

 

昼前には若狭坊&若狭小坊主も参加してくれて、にぎやかな昼食となった。

大学生4人とも流しそうめん初体験とのことで、楽しんでくれたようだ。

さらにBBQでお腹いっぱいになったあとは、昼寝or散策の自由時間。

散策のほうは、どうせならということで鯖街道ウォークを体験してもらったのだが、先だっての台風5号の出水で林道が所々で崩壊し、林道を土砂がふさいでいる。テリオス君で次々に突破し、かなりワイルドな林道ドライブとなった。

 

さらにハシモト君がロープワーク体験もやってくれて、何とか山の時間を過ごしてもらえた。時間的に、また負荷的にドラム缶風呂の出番はなかったけれど、いい体験がしてもらえたかなと嬉しい。

2017年

8月

21日

怪しいぞドラム缶風呂

今日の作業はドラム缶風呂の「囲い」作り。2.5m角のレジャーテントの骨組みにカーテン代わりの雑草防止シート(黒色の土嚢袋を展開したようなものですね)を張り、脱衣場代わりのコンパネをビールケースの上に敷いて、足ふきマット代わりのジグソーパネルを敷いた。

こんな感じ。うーむ…怪しい。怪しすぎる。

外から見るとこんな感じ。うーむ、やっぱり怪しすぎる。

雑草防止シートのカーテンというのがやぱり怪しいなあ…でもお金ないからなあ…ちなみにこのカーテンは、100均で買ってきたビニール被服針金をカーテンワイヤー代わりにして、カーテンワイヤー用のリングをシートに取り付けたものだ。レジャーテントはもともとあったもの、ドラム缶はもらいもの、ブロックは1個200円くらい、コンパネは1枚1,000円弱、カーテン代わりのシートは1枚100円で1辺に2枚×4辺で800円、カーテンワイヤーとリングで合計500円。あとマット(緑色のもの)が200円。合計3,000円弱だ