紅葉の鯖街道

上根来ワークショップであった。鯖街道が日本遺産に指定され、小浜市内でどこを一番に整備していくか検討した結果、まずは上根来(というか針畑越え)だろうということになったため、一般市民に歩いてもらって「ここをこうしたらいい」みたいなアドバイスをもらおうという企画である。定員30名が受け付け開始当日の午前中に埋まり、その半分以上を泣く泣くお断りしたというからすごい。さらに参加者の半数が小浜市外からだというから、これもすごい。うーむ「日本遺産」、あなどれない。

10時にバスで竜前企業団地を出発。みなさん山歩きする気満々の格好。上根来集落を通り過ぎ、そのまま林道をがしがし登り、小浜市側の見所である池の地蔵手前から鯖街道へ。池の地蔵で説明を聞く。ここは標高700mにある枯れない井戸で、小浜市街から約20km、1日に40kmくらい歩いたと言われる往事の人たちからすれば、ちょうどいい休憩ポイントだったことであろう。参加者にはワークシートを持ってもらった。気がついたことや意見をどんどん現地で書いてもらう方式だ。

 

深道(ふかどう。「深掘れ」ともいう)を行く。鯖街道のひとつのシンボル的なものだ。

 

池の平で記念撮影。いい天気で本当によかった。さらに大半の人が歩き足りないというので、ゴザ岩から鯖街道起点まで下りルートを歩く。紅葉真っ盛りで実に気持ちのいい行程だった。

 

降りてくると畜産団地跡で猟友会のOさんが腕をふるった絶品のイノシシ汁のふるまい。これは本当にうまい。私はボタン鍋にけっこう自信を持っていたのだが、そんなものM78星雲の彼方に吹っ飛んでしまった。イノシシの美味さを知り尽くしてないとこんな味は出せない。夢中でおかわりした。

 

上根来集落に移動して、自由に散策してもらいながらワークシート記入をしてもらった。さらに上根来小学校跡を見学して、15時に竜前企業団地にて解散。みなさん、本当にご苦労様でした。そしてありがとうございました。

最近の活動ブログから

2018年

10月

23日

竹取の翁

今年も若狭東高校と一緒に「しがら組み」をやります。

今日はそのための竹を搬入しました。この竹は、20日に若狭東高校近くの竹林で伐採したものです。

かつて日本人の生活を支え、重要な一次産業産品だった竹は、いまや使い道もない厄介者。雪が降ればしなだれて道路通行の邪魔になります。

今回伐採した竹は、まさにそういう竹林のもの。しがら組みだけでなく、竹をもっともっと活用するようになったらいいですね。

2018年

10月

15日

実りの秋

ナツメが熟してきました。

ちょうど来訪された市内のご夫婦がに教えたら、懐かしい味だといっぱいもいで帰って行かれました。最近、ナツメの木なんてあまりないですからねえ。

ふと見ると、ドングリの殻の混じった黒いフンが落ちていました。げっ、これってクマ?それともサル?

 

上根来の人が「こねり」と呼んでいる小ぶりの柿もたわわに実っています。

上根来も実りの秋の真っ最中だなあ。

2018年

10月

01日

青ナツメ美味し

台風が次々にやってきます。

そんな中、久々に上根来へ。昨夜の台風24号だけでなく、強風だった21号の影響が気がかりだったのですが、ずっと行けていなかったのです。

下根来の遠敷川は濁流が渦巻いて流れています。

上根来手前。杉の枝葉がいっぱい落ちています。

実はアブラギリの実もいっぱい落ちていて、あたりがアブラギリ臭くなっていました。

その実を踏みながら車を走らせるので、車もアブラギリ臭くなるんですよねー。^^;

台風一過の秋晴れの上根来。

助太郎・与左衛門とも何事もなくたたずんでいました。

ついでに与左衛門の掃除機がけをしてきました。

ナツメの実がたわわに実りました。

まだ赤くなっていない実を取って食べると、青リンゴの味がして実にうまいのです。

この味を賞味できるのは今月中だけ。時々来ることにしようっと。

2018年

9月

17日

思いっきり外作業

毎日雨なのですが、上根来でアブラギリの実を収集するためのネット張り作業をしました。

もう5年以上前に、斜面を覆うアブラギリの間に、補助金をもらって張ったネットです。

まだ残っているんだろうかと思っていたのですが、しっかり残っていました。土が被ったり、シダが根を張ったりして、杭も腐っているものがありましたが、ネットは全部そのまま使えました。

午前中いっぱい作業をして、何年ぶりだろうかというくらいに全身泥だらけになりました。

でも気持ちいいですね。

2018年

8月

20日

今年もナツメが

宿泊希望者があったので、掃除などするために久々に上根来へ行きました。

澄んだ空気の上根来は、やっぱり下界より空が近くて、風が涼しいですね。

ナツメの実が今年もたわわに成っていました。秋が楽しみです。

しかしこのナツメ、いまだに裏年がないのが不思議です。