ゲストハウス・与左衛門

助太郎のすぐ裏手に、別の民家を借用したゲストハウス「与左衛門」があります。

上根来プロジェクトの活動拠点であるとともに、希望者はお泊まりいただくこともできます。

居間は真ん中に囲炉裏のある8畳間です。ちゃぶ台と座布団でお過ごしください。

玄関口には昔なつかしい黒電話があり、きちんと使えるようにしてあります。通話料は常識の範囲内で無料ですが、遠距離電話・長電話のときは自己申告でいくらかいただいています。

トイレは水洗トイレですのでご安心ください。(ただしシャワートイレではありません)

  • ご利用料金につきまして
    • 与左衛門は宿泊施設ではありませんが、宿泊体験をすることはできます。その場合、宿泊料金はちょうだいいたしませんが、施設維持協力金として、1人あたり1,000円(小学生以下は半額、幼児は無料)をちょうだいしております。
  • 食事等につきまして
    • 基本的には食事等は持ち込みいただくことを原則としています。調理器具としては卓上IH調理器・電子レンジ・電熱コンロ・炊飯器があり、鍋・フライパン等や包丁・まな板等もひととおりあります。また食器類も陶器のものも、使い捨て紙製品があり、調味料もひととおりありますから、食材だけお持ちいただければ自炊いただくことができます。
    • 食材持ち込みで自炊していただくぶんには、調理器具や調味料・食器等の使用量は無料です。ただし調理器具や食器等は使用後きちんと洗っておいてください。
    • 食材調達をご依頼いただくこともできます。調達実費のほか、運搬実として1,,000円を申し受けます。また、元払い宅急便等であらかじめ食材等をお送りいただき、それを与左衛門まで運んでおくサービスもあります。こちらも運搬費1,000円のみで申し受けます。
    • コンビ委に弁当やホカ弁等、出来合いの弁当等を購入してお届けすることもできます。お好みの内容をお伝えいただければ、できるだけそれに沿ったものを購入してお届けします。購入実費に加え、運搬費1,000円を申し受けます。
    • 与左衛門にスタッフが出向いて調理して食事をお出しすることも可能ですが、スタッフの手が空いていることが条件になります。食材費やスタッフ交通費等を含めて、お一人あたり2,000円(グループあたり最低料金5,000)を申し受けます。
    • 冷蔵庫はいわゆる一人暮らしサイズの冷凍室付きのものがあります。ご自由にお使いください。
  • 寝具につきまして
    • 寝具としてはシュラフが1組(簡易シュラフを含めると2組)があります。また断熱シートやハンモックもあります。これらは無料でお使いいただけます。(使用後は片付けておいてください)
    • 布団を希望されるからは、レンタル布団を1組あたり1,500円プラス運搬費1グループあたり1,000円でご用意いたします。なお、布団の運搬費と食事等において運搬費が重なる場合はまとめて1,000とさせていただきます。
  • 入浴等につきまして
    • シャワー付きのお風呂があり、無料でご自由にお使いいただけます。バスタブは1人用の小さめのものです。電気給湯器からの給湯となりますので、お湯を張っていただければすぐに入浴できますし、シャワーもすぐお湯が使えます。
    • ボディソープ・シャンプーはありますが、それ以外のコンディショナー等はありません。またタオル類もありませんので、ご利用者様のほうでご用意ください。
    • 野外でワイルドにドラム缶風呂をお楽しみいただくこともできます。ただしこちらは火を使う関係でスタッフがご用意いたします。料金等はご利用形態によって異なりますので、個別にご相談ください。
  • 洗濯につきまして
    • 洗濯機があります。洗剤も含めて無料でご自由にお使いいただけます。
    • 乾燥機はありませんので、そのつもりでご利用ください。
  • 冷暖房器具につきまして
    • エアコンはありません。
    • 冷房器具は基本的にありません。扇風機、うちわをお使いください。盛夏の間は簡易冷風機をご用意いいたします。
    • 暖房器具としては電気コタツと電気アンカがありますが、ストーブ・ファンヒーター等はありません。10月中旬ごろから翌年5月ごろまでは夜はけっこう冷え込みますから十分暖かい格好でお越しください。なお、就寝までの時間は囲炉裏の炭火で暖を取っていただくこともできます。

数人分の食器類や紙皿紙コップ割り箸類、蚊取り線香や殺虫剤、ゴミ袋類、その他生活に必要なものはひととおりそろえてあり、これらはご自由にお使いいただけます。

懐中電灯やヘッドランプ、BBQコンロ、小型テント、投光器、ハンモック、こたつなどもお使いいただけます。

玄関前でバーベキュー。

ここを拠点にしてトレッキングにいったり薪割りや昆虫採集をしたり、家族で「夏休みの探検」をしてみてはどうでしょう。車で15分ほど走れば「お水送り」の鵜の瀬やとびきりの歴史を持つ寺社、箸研ぎ体験施設などもあります。

与左衛門のご利用について

与左衛門のご利用を希望される方は、下記フォームによりご連絡ください。

 

携帯電話(090-8703-6382:鳥居)に直接ご連絡いただいてもけっこうです。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

最近の活動ブログから

2018年

10月

01日

青ナツメ美味し

台風が次々にやってきます。

そんな中、久々に上根来へ。昨夜の台風24号だけでなく、強風だった21号の影響が気がかりだったのですが、ずっと行けていなかったのです。

下根来の遠敷川は濁流が渦巻いて流れています。

上根来手前。杉の枝葉がいっぱい落ちています。

実はアブラギリの実もいっぱい落ちていて、あたりがアブラギリ臭くなっていました。

その実を踏みながら車を走らせるので、車もアブラギリ臭くなるんですよねー。^^;

台風一過の秋晴れの上根来。

助太郎・与左衛門とも何事もなくたたずんでいました。

ついでに与左衛門の掃除機がけをしてきました。

ナツメの実がたわわに実りました。

まだ赤くなっていない実を取って食べると、青リンゴの味がして実にうまいのです。

この味を賞味できるのは今月中だけ。時々来ることにしようっと。

2018年

9月

17日

思いっきり外作業

毎日雨なのですが、上根来でアブラギリの実を収集するためのネット張り作業をしました。

もう5年以上前に、斜面を覆うアブラギリの間に、補助金をもらって張ったネットです。

まだ残っているんだろうかと思っていたのですが、しっかり残っていました。土が被ったり、シダが根を張ったりして、杭も腐っているものがありましたが、ネットは全部そのまま使えました。

午前中いっぱい作業をして、何年ぶりだろうかというくらいに全身泥だらけになりました。

でも気持ちいいですね。

2018年

8月

20日

今年もナツメが

宿泊希望者があったので、掃除などするために久々に上根来へ行きました。

澄んだ空気の上根来は、やっぱり下界より空が近くて、風が涼しいですね。

ナツメの実が今年もたわわに成っていました。秋が楽しみです。

しかしこのナツメ、いまだに裏年がないのが不思議です。

2018年

7月

31日

真夏の雪2018

今日は小浜市の夏祭り「わかさマリンピア」です。

その会場(駅前通りのホコ天)に雪室から雪を運び、子どもたちに真夏の雪遊びをプレゼントします。

雪室前面の壁を外して、バックホウで貯蔵庫背面に残っている雪をかき出します。

今年はトンパック(大型土のう袋)に雪を詰めて、これを雪山の一番下に埋めておきました。

これが圧縮されて、でっかりセンベイ状になって埋まっていたのを取り出します。

トンパック5袋。予想以上にしっかり雪が残っていました。

さらにモミガラの下に埋まっていた雪もかき出して、ダンプに乗せて運搬します。

はまかぜ通り(駅前通り)に積んで雪山にしました。

去年に比べると半分くらいの大きさかなあ。

でも十分雪遊びができる大きさで、さらにトンパックに入れておいたので雪があまり汚くないのがいいですね。

ずいぶん多くの子どもたちが遊んでくれました。

そして雪山の後ろの空き店舗を使って、雪室酒と減塩へしこの試飲試食コーナーを開設しました。

さすがに真夏に日本酒はちょっときついかなあ。

それでもけっこういい感触でした。

2018年

7月

27日

雪室珈琲第2回試飲会

カフェ・メルカードミサキさんで雪室珈琲第2回試飲会です。

今回こそは新聞にも来てもらい記事にしてもらったのですが、意外だったのが第2回と異なる結果になったことです。

濃すぎるくらい味が濃くなった2ヶ月ものが、居合わせたみんなが「美味い」と口をそろえる整った味になっていました。

冷凍してあったのに味が変わったのか?それとも開封していたわずかな時間に変わったのか?ナゾです。

そういえば、お酒は密封しておくとどんどん発酵が進んでスパークリング状態になるのですが、第1回は2ヶ月ものの豆を挽いてドリップしたらすっごい泡だったのに、今日は泡立ちませんでした。ガスが抜けた状態になって、本来の味になったということでしょうか。

うーん、ますます深い話ですねえ。