上根来はこんなとこ

■集落の概要

小浜市上根来は、小浜市街地から車で 30 分、遠敷側上流の標高 300m付近にある山里で、かつては炭焼きや農業等を営み人口 300 人を数えましたが、現在は住民実質ゼロ人となっています。

しかし上根来に行ってみると、そこは廃村の風情ではありません。多くの家はきちんと手入れされて、草刈りや溝掃除もされていて、まるでまだ人々が住んでいるよう。

それもそのはず、上根来には元住民の会である「百里会」があり、今でも年に数回の清掃作業をしています。元住民の皆さんも冬には雪囲いをしたり雪下ろしをしたりして家屋を維持し、お盆にはお寺が満員になるほどの人たちが集まります。

上根来は人口ゼロ人なのに、地域コミュニティが残っている不思議な集落なのです。

■鯖街道お休み処・助太郎

平成28年10月、上根来集落入り口の民家を改装して、鯖街道お休み所「助太郎」がオープンしました。どなたでもお気軽にお越しください。

開館日:4月から11月の毎週土・日曜日

開館時間:10時~16時

※ご連絡をいただければ臨時開館します。

※トイレは24時間ご自由にお使いいただけます。水洗シャワートイレです。

助太郎は明治15年ごろの建造と思われます。

特に「網代組み」と言われる梁を互い違いに組んだ天井組みは見事で、重機も機械もない時代にこのような美しくも頑丈な建築をしていたことに驚くばかりです。

囲炉裏やムロ(貯蔵庫)も残っており、里山の暮らしを肌で感じることができます。

室内には鯖街道や上根来集落の展示もあり、小浜から京の都へ海産物を運ぶ最短ルートでもあった鯖街道「針畑越え」と、その中継地点であった上根来集落の歴史を学ぶことができます。

また鯖街道や遠敷峠周辺の山々を歩く人たちのために、様々なマップ等も置いてありますので、ご自由にお持ちください。

これは平成29年5月の「鯖街道ウォーク」の時の休憩シーン。山歩きやバードウォッチング、学校の野外活動など、様々なイベントや個人活動でお使いいただけます。

使用料等は無料です。

このHPの「お問い合わせ」のページからお気軽にお問い合わせください。

■ゲストハウス・与左衛門

助太郎のすぐ裏手に、別の民家を借用したゲストハウス「与左衛門」があります。

上根来プロジェクトの活動拠点であるとともに、希望者はお泊まりいただくこともできます。また、希望者には実費をいただいて食料調達・貸し布団調達をしています。

ただしご宿泊の場合は、維持協力金としてお一人あたり1,000円を頂戴しています。

ご利用をご希望の方はこのHPの「お問い合わせ」のページからお問い合わせください。

居間は真ん中に囲炉裏のある8畳間です。ちゃぶ台と座布団でお過ごしください。

玄関口には昔なつかしい黒電話があり、きちんと使えるようにしてあります。通話料は常識の範囲内で無料ですが、遠距離電話・長電話のときは自己申告でいくらかいただいています。

トイレは水洗トイレですのでご安心ください。(ただしシャワートイレではありません)

またお風呂も温水器でお湯を沸かし、シャワーも使えます。台所ももちろんあり、ガスはありませんが電熱器・電子レンジ・炊飯器があり、調理器具や食器類もあります。また洗濯機・冷蔵庫も自由に使えます。

数人分の食器類や紙皿紙コップ割り箸類、蚊取り線香や殺虫剤、ゴミ袋類、その他生活に必要なものはひととおりそろえてあり、これらはご自由にお使いいただけます。

懐中電灯やヘッドランプ、BBQコンロ、小型テント、投光器、ハンモック、こたつなどもお使いいただけます。

玄関前でバーベキュー。

ここを拠点にしてトレッキングにいったり薪割りや昆虫採集をしたり、家族で「夏休みの探検」をしてみてはどうでしょう。車で15分ほど走れば「お水送り」の鵜の瀬やとびきりの歴史を持つ寺社、箸研ぎ体験施設などもあります。

■茅葺き民家

<この文章は、浦野さんのホームページからお借りしています>

 全17戸の山村、上根来。民家のおよそ半数は茅葺き屋根を乗せています。いまは雨漏りを防ぐため、すべてトタンでおおわれていますが…。

 それはさておき、上根来の茅葺き民家の特徴をざーっとあげてみましょう。

  ・平入り、入母屋づくり、平屋建て

  ・間口は8間(梁間は4間)

  ・壁は板張りで、土壁は使わない

  ・開口部が少ない

  ・サッシをつけている家もあるが、オリジナルは四面ともほぼ壁だったと思われる

  ・縁側がなく、雪囲いをもつ

  ・高さ20~30cmの石垣(土台)をつくり、その上に家を建てているものもある

 どの家も、どちらかといえば小ぶり。そして大きな屋根と、いかにも「雪国だな~」って思わせるつくりが印象的です。

 とくに開口部が少なく、壁が板張りであることなんか、冬の過酷さが身にしみてくるようですね! (土壁は、壁の中の水分が凍るとひび割れてしまうため、寒冷地には適さないのです)。そしてほとんどの家が、トタンの雪囲いを備えています。

 石垣(土台)をもつ家も目立ちますね。上根来は山間部に開けた集落のため、土地をならすための措置だと思います。

■稲木をもつ家

<この文章は、浦野さんのホームページからお借りしています>

 上根来の民家の見どころは、家のまわりにもあります。そのひとつ、稲木(いなき)もまた、素朴な風情をかもし出しています。

 これは細い木の枝を縦横に組み上げたもので、収穫した葉物野菜や豆なんかを干すのに使ったのだそうです。特徴は、家の近くにあるケヤキの木を支柱としてつくられていること。村で畑作が行われなくなって久しいのですが、いまでも村に2カ所残っています!! 稲木は本来、作物を収穫する冬のあいだだけつくられるのだとか。季節外れに取り残された姿は、どこかさびしげでもありました。

■上根来山の家(旧上根来小学校)

上根来集落から少し降りたところに、標高250mのあたりに上根来小学校跡があります。

上根来集落は標高300m、下流の中の畑集落は標高200mのあたりにありますから、小学校はちょうどその中間にあるわけですが、当時の子どもたちは自分の足で毎日50mも上り下りしていたんですね。

昭和の終わり頃に閉校になり、それから山の家として体験宿泊などに使われてきましたが、老朽化が激しく、今では電気も切られ、ひっそりと最期の時を待っています。

木造1階建て、講堂・教室2部屋・理科室・職員室・事務室があります。

これは講堂。板張りで、体育館というような広さではありません。

理科室?準備室?人体模型やホルマリン標本もあって、肝試しに持ってこいかな?

昭和のころの子どもたちの写真も飾ってありました。

最後の卒業生も今では40代。

この部屋にいると、上根来集落に子どもたちがいた昭和の時間が、もう進むことなく残っているのを感じます。

講堂に掲示されていた、子どもがお店屋さんのことを書いた絵です。

私たちにはわからない名前の店が多いのですが、きっと下流の遠敷にある(あった)店なんでしょうね。

スポンジを「すっぽんじ」と書いてあったのが何ともかわいらしく、爆笑してしまいました。

講堂の黒板には、ここを訪れた人たちが書き残したメッセージが。

卒業生のものもあって、感慨深く見入ってしまいました。

この小学校は最盛期には30人近い児童がいたようです。

教室が2つですから、最初から複々式授業だったのですね。

講堂だけでなく、廊下や教室のあちこちが雨漏りします。講堂の天井にはシミがいっぱい。

棟瓦がズレてしまっており、なんとかしたいとブルーシートをかけたりもしましたが、そんな小手先ではやはりどうにもならないようです。

この建物は少しずつ確実に最期の時に向かっています。

晩秋の上根来小学校。

校庭には紅葉が植えられており、秋には見事に紅葉します。

静かに佇む校舎跡と色鮮やかな紅葉、まばらに色づいた山々が素晴らしいですね。

■神社

集落からちょっと上がったところに神社があります。

境内には太い杉が何本もあって、荘厳な雰囲気です。

無住の集落の神社とは思えないほどきれいで、集落の皆さんが今でもきちんと神社を守っていらっしゃることがわかって感動します。

本殿に象の彫り物を発見!

普通ここは雲か何かの模様を彫ってあるのですが、明らかに象です。

小浜は日本で最初に象が来たところ。その象は、何本もある鯖街道のどれかを通って京の都に行ったとか。そしてこの神社の前の道は、かつての鯖街道のひとつでした。

…実に興味深いですね。

■ねごりの子守歌

上根来集落から7kmほど下ったところに下根来集落があり、ここに旧・下根来小学校があります。平成20年に遠敷小学校に併合され、廃校になりました。

校庭の一角に「ねごりの子守歌」の碑があります。

下根来でずっと歌い継がれてきた子守歌。

KAZ先生が発掘されて編曲し、下根来の子どもたちが演奏していました。

ギターコードが書いてあるところがKAZ先生らしいですね。

What's New

2017年

10月

04日

秋の上根来

用を済ませに少しだけ上根来に行ってき。もう空は完全に秋の空だ。

よく晴れているが風が強く、戸を開けていると長袖シャツだけでは寒く、フリースを重ね着してもなお寒いくらいだ。アブラギリの葉も週末よりぐっと黄色く、秋が一気にやってきていると実感。でもこういう季節の移ろいを実感するっていいことだなあ。

実は先日、大人の林間学校の後片付けのときに助太郎の屋根裏で五徳を発見したので、これを囲炉裏に据えてみました。でっかい五徳なので、なんとかギリギリ収まりました。

林間学校で使ったかっぽ酒用の竹をそのままディスプレイに置いてあるのですが、こういうのを見ているとでっかい鍋で何か作りたくなってきます。^^;

2017年

10月

01日

大人の林間学校#2

朝5時に起床。なんでそんなことをするのかというと、天気がよくて、気温が10度くらいに下がるので、もしかすると雲海が出るかもしれないので、起きてみようということになったのだ。

通常雲海が出るのは10月後半からなので、どうかなあと思いつつも遠敷峠にいってみた。

なんと、見事に雲海が出ていた。

10月になったばかりでこんなに見られることは滅多にない。最近お天気をことごとく味方に付けている私の面目躍如であろうか。^^;

 

さらにご来光も見ることができた。いやあ、こんな機会は滅多にないですよお。

早朝から満足した宿泊組のみなさんでした。眠気も吹き飛んだね。

 

今回の雲海はここが一番素敵だった。雲が流れ落ちていくアングル。

満足して上根来に降りてくると、アイザワちゃんが絶品「鯖の舟場汁」を持ってきてくれていた。葉寿司(へしこ・小鯛)も準備して、さらに上根来の行事食定番の鯖のねぎぬたも登場し、朝からみなさん食べる食べる、この人数で1升のご飯をたいらげました。

食後の運動ではないですが、とち餅作り。できたお餅はお土産に。

 

私がお手伝いした竹の水筒と、Kさんのおじさんが作ってくれたアブラギリの杖という、わけのわからないお土産も持って帰っていただきました。

この後、上根来小学校、鵜の瀬、若狭姫神社と見学し、おさかなセンターで買い物して七輪焼広場で焼いて食べ(なんだか食ってばかりという感じだなあ)、午後2時に解散。

お越しいただいた皆さんに心から感謝。

スタッフとして来ていただいた百里会はじめみなさんに心から感謝。

この機会をくれた市役所文化課に感謝。まあともかく近年にない充足感です。それは思うにスタッフと参加者の一体感なんだろうね。

2017年

9月

30日

大人の林間学校#1

日本遺産関連行事で上根来プロジェクトの一環でもある「大人の林間学校」。上根来に来てもらっていろんな体験をしてもらい、そのまま泊まってもらう企画である。

京都をターゲットのひとつにしているので、京都からジャンボタクシーで鯖街道針畑越えルートを通って上根来に来てもらう。最初に遠敷峠に集合。

 

ちょっと曇り空だが、上根来集落からずっと先の若狭湾まで見える。

 

 

最初の集合写真。当初期待より参加者は少なかったが、その分密度高くやっていこう。

 

遠敷峠から登って針畑峠へ。若狭坊の説明を聞きつつ、ここから鯖街道ウォークである。

鯖街道針畑越えルートといえばこの深掘れ。標高にして400m以上を降りていく。

 

畜産団地跡に到着すると、Oさんの絶品猪汁が待っていた。ぼたん鍋なんぞ銀河の彼方に吹っ飛ぶくらい美味い。シンプルな味付けで肉の旨味がダイレクトにわかる鍋だ。

 

このあと雪室見学、そして薪割り体験。

歩いて炭焼き窯へ。ここで窯詰め体験。さらに上根来集落まで歩き、とち餅作り体験。そして集落散策。私はBBQ準備で行かなかったのだが、何やら「ブナ歩き」としてまた山に登ったっぽい。

 

百里会の方々も参加いただいてBBQ。もちろん小浜だから普通のBBQではない。最初に焼くのは肉ではなく焼き鯖、そしてタイカツや醤油干し、なれずし、鯖缶の小浜ならではの海の幸が次々に出てきてそのあとに出てきた肉も猪肉である。

 

かたわらでドラム缶風呂の準備。女性も含めて参加者みなさんが経験していただけた。

 

写真だけを見ていると何やら深刻な会議をしているような絵面になっているが、実はリラックスしきった、ややグダグダ気味ですらある飲み会である。

お開きになったのは何時頃だろうか。このあと百里会の皆さんが帰り、少しギターも弾いたりして、それでもその日のうちには寝たと思う。

イベント主催者でありながら、存分に楽しませてもらった1日でした。

2017年

8月

21日

上根来の夏体験

今日は大学生4人の体験ツアー。

小浜市が大学生4人の地域体験的なものを受け入れるということで、そのうち1日を上根来で過ごさせてほしいということで対応した。

Tくん、アイザワちゃん、地域おこし協力隊のハシモト君が助けてくれた。ありがたや。

 

今日も炎天下の小浜、さすがの上根来も朝からじりじり暑い。日よけタープ代わりのブルーシートを張って、里山体験。といっても「山の人たちは何でも自分で作る」というだけのテーマで、竹を切ってきて流しそうめんの樋を作り、さらにお椀と箸も自分で作るという、なにやら昨日もそういうことをやったような気がする内容のコンテンツに取り組む。

 

昼前には若狭坊&若狭小坊主も参加してくれて、にぎやかな昼食となった。

大学生4人とも流しそうめん初体験とのことで、楽しんでくれたようだ。

さらにBBQでお腹いっぱいになったあとは、昼寝or散策の自由時間。

散策のほうは、どうせならということで鯖街道ウォークを体験してもらったのだが、先だっての台風5号の出水で林道が所々で崩壊し、林道を土砂がふさいでいる。テリオス君で次々に突破し、かなりワイルドな林道ドライブとなった。

 

さらにハシモト君がロープワーク体験もやってくれて、何とか山の時間を過ごしてもらえた。時間的に、また負荷的にドラム缶風呂の出番はなかったけれど、いい体験がしてもらえたかなと嬉しい。

2017年

8月

21日

怪しいぞドラム缶風呂

今日の作業はドラム缶風呂の「囲い」作り。2.5m角のレジャーテントの骨組みにカーテン代わりの雑草防止シート(黒色の土嚢袋を展開したようなものですね)を張り、脱衣場代わりのコンパネをビールケースの上に敷いて、足ふきマット代わりのジグソーパネルを敷いた。

こんな感じ。うーむ…怪しい。怪しすぎる。

外から見るとこんな感じ。うーむ、やっぱり怪しすぎる。

雑草防止シートのカーテンというのがやぱり怪しいなあ…でもお金ないからなあ…ちなみにこのカーテンは、100均で買ってきたビニール被服針金をカーテンワイヤー代わりにして、カーテンワイヤー用のリングをシートに取り付けたものだ。レジャーテントはもともとあったもの、ドラム缶はもらいもの、ブロックは1個200円くらい、コンパネは1枚1,000円弱、カーテン代わりのシートは1枚100円で1辺に2枚×4辺で800円、カーテンワイヤーとリングで合計500円。あとマット(緑色のもの)が200円。合計3,000円弱だ