上根来はこんなとこ

■集落の概要

小浜市上根来は、小浜市街地から車で 30 分、遠敷側上流の標高 300m付近にある山里で、かつては炭焼きや農業等を営み人口 300 人を数えましたが、現在は住民実質ゼロ人となっています。

しかし上根来に行ってみると、そこは廃村の風情ではありません。多くの家はきちんと手入れされて、草刈りや溝掃除もされていて、まるでまだ人々が住んでいるよう。

それもそのはず、上根来には元住民の会である「百里会」があり、今でも年に数回の清掃作業をしています。元住民の皆さんも冬には雪囲いをしたり雪下ろしをしたりして家屋を維持し、お盆にはお寺が満員になるほどの人たちが集まります。

上根来は人口ゼロ人なのに、地域コミュニティが残っている不思議な集落なのです。

■鯖街道お休み処・助太郎

平成28年10月、上根来集落入り口の民家を改装して、鯖街道お休み所「助太郎」がオープンしました。どなたでもお気軽にお越しください。

開館日:4月から11月の毎週土・日曜日

開館時間:10時~16時

※ご連絡をいただければ臨時開館します。

※トイレは24時間ご自由にお使いいただけます。水洗シャワートイレです。

助太郎は明治15年ごろの建造と思われます。

特に「網代組み」と言われる梁を互い違いに組んだ天井組みは見事で、重機も機械もない時代にこのような美しくも頑丈な建築をしていたことに驚くばかりです。

囲炉裏やムロ(貯蔵庫)も残っており、里山の暮らしを肌で感じることができます。

室内には鯖街道や上根来集落の展示もあり、小浜から京の都へ海産物を運ぶ最短ルートでもあった鯖街道「針畑越え」と、その中継地点であった上根来集落の歴史を学ぶことができます。

また鯖街道や遠敷峠周辺の山々を歩く人たちのために、様々なマップ等も置いてありますので、ご自由にお持ちください。

これは平成29年5月の「鯖街道ウォーク」の時の休憩シーン。山歩きやバードウォッチング、学校の野外活動など、様々なイベントや個人活動でお使いいただけます。

使用料等は無料です。

このHPの「お問い合わせ」のページからお気軽にお問い合わせください。

■ゲストハウス・与左衛門

助太郎のすぐ裏手に、別の民家を借用したゲストハウス「与左衛門」があります。

上根来プロジェクトの活動拠点であるとともに、希望者はお泊まりいただくこともできます。また、希望者には実費をいただいて食料調達・貸し布団調達をしています。

ただしご宿泊の場合は、維持協力金としてお一人あたり1,000円を頂戴しています。

ご利用をご希望の方はこのHPの「お問い合わせ」のページからお問い合わせください。

居間は真ん中に囲炉裏のある8畳間です。ちゃぶ台と座布団でお過ごしください。

玄関口には昔なつかしい黒電話があり、きちんと使えるようにしてあります。通話料は常識の範囲内で無料ですが、遠距離電話・長電話のときは自己申告でいくらかいただいています。

トイレは水洗トイレですのでご安心ください。(ただしシャワートイレではありません)

またお風呂も温水器でお湯を沸かし、シャワーも使えます。台所ももちろんあり、ガスはありませんが電熱器・電子レンジ・炊飯器があり、調理器具や食器類もあります。また洗濯機・冷蔵庫も自由に使えます。

数人分の食器類や紙皿紙コップ割り箸類、蚊取り線香や殺虫剤、ゴミ袋類、その他生活に必要なものはひととおりそろえてあり、これらはご自由にお使いいただけます。

懐中電灯やヘッドランプ、BBQコンロ、小型テント、投光器、ハンモック、こたつなどもお使いいただけます。

玄関前でバーベキュー。

ここを拠点にしてトレッキングにいったり薪割りや昆虫採集をしたり、家族で「夏休みの探検」をしてみてはどうでしょう。車で15分ほど走れば「お水送り」の鵜の瀬やとびきりの歴史を持つ寺社、箸研ぎ体験施設などもあります。

■茅葺き民家

<この文章は、浦野さんのホームページからお借りしています>

 全17戸の山村、上根来。民家のおよそ半数は茅葺き屋根を乗せています。いまは雨漏りを防ぐため、すべてトタンでおおわれていますが…。

 それはさておき、上根来の茅葺き民家の特徴をざーっとあげてみましょう。

  ・平入り、入母屋づくり、平屋建て

  ・間口は8間(梁間は4間)

  ・壁は板張りで、土壁は使わない

  ・開口部が少ない

  ・サッシをつけている家もあるが、オリジナルは四面ともほぼ壁だったと思われる

  ・縁側がなく、雪囲いをもつ

  ・高さ20~30cmの石垣(土台)をつくり、その上に家を建てているものもある

 どの家も、どちらかといえば小ぶり。そして大きな屋根と、いかにも「雪国だな~」って思わせるつくりが印象的です。

 とくに開口部が少なく、壁が板張りであることなんか、冬の過酷さが身にしみてくるようですね! (土壁は、壁の中の水分が凍るとひび割れてしまうため、寒冷地には適さないのです)。そしてほとんどの家が、トタンの雪囲いを備えています。

 石垣(土台)をもつ家も目立ちますね。上根来は山間部に開けた集落のため、土地をならすための措置だと思います。

■稲木をもつ家

<この文章は、浦野さんのホームページからお借りしています>

 上根来の民家の見どころは、家のまわりにもあります。そのひとつ、稲木(いなき)もまた、素朴な風情をかもし出しています。

 これは細い木の枝を縦横に組み上げたもので、収穫した葉物野菜や豆なんかを干すのに使ったのだそうです。特徴は、家の近くにあるケヤキの木を支柱としてつくられていること。村で畑作が行われなくなって久しいのですが、いまでも村に2カ所残っています!! 稲木は本来、作物を収穫する冬のあいだだけつくられるのだとか。季節外れに取り残された姿は、どこかさびしげでもありました。

■上根来山の家(旧上根来小学校)

上根来集落から少し降りたところに、標高250mのあたりに上根来小学校跡があります。

上根来集落は標高300m、下流の中の畑集落は標高200mのあたりにありますから、小学校はちょうどその中間にあるわけですが、当時の子どもたちは自分の足で毎日50mも上り下りしていたんですね。

昭和の終わり頃に閉校になり、それから山の家として体験宿泊などに使われてきましたが、老朽化が激しく、今では電気も切られ、ひっそりと最期の時を待っています。

木造1階建て、講堂・教室2部屋・理科室・職員室・事務室があります。

これは講堂。板張りで、体育館というような広さではありません。

理科室?準備室?人体模型やホルマリン標本もあって、肝試しに持ってこいかな?

昭和のころの子どもたちの写真も飾ってありました。

最後の卒業生も今では40代。

この部屋にいると、上根来集落に子どもたちがいた昭和の時間が、もう進むことなく残っているのを感じます。

講堂に掲示されていた、子どもがお店屋さんのことを書いた絵です。

私たちにはわからない名前の店が多いのですが、きっと下流の遠敷にある(あった)店なんでしょうね。

スポンジを「すっぽんじ」と書いてあったのが何ともかわいらしく、爆笑してしまいました。

講堂の黒板には、ここを訪れた人たちが書き残したメッセージが。

卒業生のものもあって、感慨深く見入ってしまいました。

この小学校は最盛期には30人近い児童がいたようです。

教室が2つですから、最初から複々式授業だったのですね。

講堂だけでなく、廊下や教室のあちこちが雨漏りします。講堂の天井にはシミがいっぱい。

棟瓦がズレてしまっており、なんとかしたいとブルーシートをかけたりもしましたが、そんな小手先ではやはりどうにもならないようです。

この建物は少しずつ確実に最期の時に向かっています。

晩秋の上根来小学校。

校庭には紅葉が植えられており、秋には見事に紅葉します。

静かに佇む校舎跡と色鮮やかな紅葉、まばらに色づいた山々が素晴らしいですね。

■神社

集落からちょっと上がったところに神社があります。

境内には太い杉が何本もあって、荘厳な雰囲気です。

無住の集落の神社とは思えないほどきれいで、集落の皆さんが今でもきちんと神社を守っていらっしゃることがわかって感動します。

本殿に象の彫り物を発見!

普通ここは雲か何かの模様を彫ってあるのですが、明らかに象です。

小浜は日本で最初に象が来たところ。その象は、何本もある鯖街道のどれかを通って京の都に行ったとか。そしてこの神社の前の道は、かつての鯖街道のひとつでした。

…実に興味深いですね。

■ねごりの子守歌

上根来集落から7kmほど下ったところに下根来集落があり、ここに旧・下根来小学校があります。平成20年に遠敷小学校に併合され、廃校になりました。

校庭の一角に「ねごりの子守歌」の碑があります。

下根来でずっと歌い継がれてきた子守歌。

KAZ先生が発掘されて編曲し、下根来の子どもたちが演奏していました。

ギターコードが書いてあるところがKAZ先生らしいですね。

最近の活動ブログから

2018年

2月

23日

雪室貯蔵開始

雪室はまだ完成していませんが、すでに貯蔵は可能な状態なので、今日は今年初めて貯蔵食材を預かりました。

上根来は暖かさすら感じるいい天気。雪もずいぶん融けて、畜産団地跡の屋根にももうほとんど残っていません。

2回の作業でかなり雪を積んだのですが、前科の写真と比べるとずいぶん融けたようです。

あと1回、週末に雪を積んで完成予定ですが、もう貯蔵庫の中は十分ひんやりしています。

今年初貯蔵は、これまで4年連続ご利用いただいているとば屋酢店さん。

40ケース、600本をお預かりしました。

好評で、「今年はまだ?」という問い合わせもあるそうです。

そういう話を聞くと、がんばって雪室を作ったかいがありますね。

2018年

2月

03日

雪室第1回作業

この冬最初の雪室築造作業です。

まずは現場に行くための道をペイローダーで除雪していきます。

そしてペイローダーで集めた雪をバックホウで積んでいきます。

いつものことですが、百里会の人たちの「現場スキル」の高さに驚くばかりです。

みるみるうちに雪山が高くなっていき、すでに貯蔵庫は雪の下、雪室機能は確保されています。

今回お寒波は特に気温が低かったせいか、牛舎の屋根から雪がぜんぜん落ちておらず、雪が足りなくなってきました。

そこで屋根の上に上って人力で雪を落としましたが、とてもじゃないですが手が回りません。

今日は築造半ばで終了し、また日を改めて続きの作業をすることにしました。

それでも雪室としての貯蔵は可能なところまで作業できました。

2017年

12月

30日

誰もいない年末

物を取りに年末の上根来に行ってきました。

小浜市街には雪はないのですが、さすがに上根来はもう白い世界です。

助太郎も入り口に雪囲いがされ、いよいよ冬眠です。

与左衛門はと見ると、もう雪囲いの半分くらいが雪に埋まっていました。

住む人のいなくなった上根来の年末は本当に静かです。

2017年

12月

11日

冬ごもり

冬が近くなると「雪囲い」をします。屋根雪が落ちてきて厚く積もるため、軒下に囲いをしておかないと、家の戸やサッシが曲がったり壊れたりしてしまうのです。

与左衛門も太い柱と波板、当て板を組み合わせて雪囲いをします。

そして水道の元栓を閉めて、配管内の水を全部抜き、最後に電気のブレーカーを落とします。

これから春まで与左衛門は冬眠に入ります。

入ろうと思えば入れますが、かんじきをはいて歩いてきて、雪囲いの裏に体をねじ込んで、ようやく玄関から入れます。

冬に雪室作りを始めてからは、冬の間に2度や3度は中に入っているのですが、締め切った真冬の家の中は本当に寒いです。

2017年

10月

26日

6年目のしがら組

今日は、若狭東高校の3年生と一緒に「しがら組」を作ります。

しがら組みとは、木と竹で作った簡易土留め柵のことで、コンクリート製のものに比べたら土留め効果はありませんが、山で調達できる自然材料だけで人力で作れる、「手作り治山」です。

今回は、木杭は森林組合の間伐作業で出た不要材、竹は口名田地区の方からご厚意で提供いただきました。

まず現場に木杭を等間隔に打ち込みます。

長さ1.5mほどの木杭をカケヤを使って30cmほど打ち込みますが、なかなか大変な作業です。

次に竹を縦に裂きます。「木元竹末」といって、竹を縦割りにするときは根元ではなく先端のほうから割ります。

最初、ナタをカケヤで打ち込んで割っていきます。

ある程度割れたら、両側から手で引っ張って裂いていきます。両側に均等に反るようにしないと、偏って割れてしまいます。子どもたちは最初は失敗もしていましたが、途中から上手に裂けるようになりました。

太いものは四等分、細いものは二等分にします。

 

このようにして裂いた竹を、木杭の間に互い違いに挟み込んで柵を作ります。

釘などはいっさい使わず、竹のしなりだけで固定します。

こうすると、土砂や雪が柵の裏に堆積すると竹がしなって前にはらみ出しますが、雪が融けたり土砂を取り除いたりするとまた竹が弾力で元に戻ります。

しがら組、完成です。

この活動は今年で6年目。5年は上根来で、1年は同じ鯖街道の若狭町熊川でしがら組を設置しました。

もともとしがら組は山林伐採で裸地化したところに設置していたもので、裸地化することで土砂が流出するのを防ぎ、柵のところに堆積した土の中から木が生えて、大きくなって根を張り、土砂流出を抑えてくれるようになったころにしがら組は腐って土に帰るという、循環型治山施設です。

上根来周辺では近年、シカによる食害がひどくなっています。植林地の放置に加え、シカ食害による森林荒廃が進み、ちょっと雨が降っただけで土砂が流出するようになってきています。このような広範囲の森林荒廃には、従来のコンクリートと建設機械を使った治山だけでは対処しきれなくなっているのではないかと思っています。

それに対するひとつの提案として、自然素材・人力施工による、人間スケールの治山、「市民治山」を進められないかと考えています。その具体策のひとつがしがら組みで、写真をみていただければわかるように、里山景観にもなじんでいます。

これからも取り組んでいきたい活動です。