第7回しがら組み

今日は若狭東高校の実習として「しがら組み」の製作です。

今年で7年目。7回のうち1回は熊川宿で作っているので、上根来では6件目のしがら組み製作になります。

 

上根来集落の入り口風景。落ち葉が道を埋め、一番きれいな季節になっています。

10時過ぎに作業開始。

竹にナタを入れて割っていきます。

「木元竹末」といって、木は根元から、竹は先端から割っていくといいという、昔の人の知恵です。

 

ある程度割れたらバールや木の棒をはさんで、一気に割っていきます。

ある程度割れたら、両側から引っ張っても割れます。

この時に、両側への引っ張り具合に差が出ると、よく曲がっているほうに割れ目が偏っていきます。

こういう時は、割れ目が偏ったほうを下にして上に引っ張り上げるように割るとうまくいきます。

竹割りが終わったら杭打ちです。

役1.5mの長さの杭を、30~50cm程度打ち込みます。杭と杭の間隔は1.5m程度を目安にします。

今回は道路施工時のものと思われるコンクリートのバカ打ち箇所があったりして苦労しました。

杭が打てたら竹を編み込んでいきます。根元の太い側を互い違いに、また編み込み方も互い違いになるよういにします。

高校生達はすぐに慣れて、手早く作業を進めていきます。

完成。

今回は延長30mのしがら組みができました。

いつも思うことですが、完成直後のしがら組みは美しいですねえ。

皆さん、ご苦労様でした。

昼食後、畜産団地跡でアブラギリの実を拾いまし。

9月17日に張っておいた網に集まった実を拾います。

盛土法面に網を張って、小段のところにポケットを作っておいたのですが、たくさん集まっていました。

途中で雨が降り出したので作業は中止しましたが、70~80kgほど集まったようです。

作業終了後、山を下りるときに雨上がりの木漏れ日が水蒸気の中で幻想的なモノクロ風景を作っていました。

次の活動は雪が降ってから、雪室作りです。

最近の活動ブログから

2019年

2月

23日

雪室完成

今日はモミガラとブルーシートを雪山に被せる、雪室作成最後の作業です。

例年にない少雪の今年、遠敷峠も下の方は雪がどんどんなくなってきています。畜産団地跡も屋根雪はもうありません。

うずたかく積もっていた屋根雪も、もうこれだけしか残っていません。

このわずかに残った雪をかき集めて、できる範囲で雪山に追加しました。これまで何度も3月になってから雪の継ぎ足し作業をしていたのがウソのような話です。

雪の追加が終わり、今日の本番のモミガラ運搬です。

ペイローダーでモミガラを運び、トンパック並みの大袋に入れて、これを雪山の上に引っ張り上げて撒くのですが、この引っ張り上げ作業がずっと悩みの種でした。

今年はそこに救世主塔乗。NPO法人「若狭くらしに水舎」さんからお借りしたロープウィンチです。

ペイローダーでモミガラを運び、大型の袋に入れます。

この袋は底に巾着穴があって、そこから雪を出すことができます。

この袋をまずはバックホウで木柵の上に上げ、そこから雪山の前面斜面をロープウィンチで引き上げます。

モミガラの巻きだし作業は大変ですが、ロープウィンチと巾着袋のおかげで、袋の引き上げ作業はずいぶん楽になりました。

モミガラはたっぷり被せます。

断熱効果があるのはもちろんですが、雪山が融けていくと、その形に追随して、すき間なく被さり続けてくれるので、雪室効果が長く保てます。

モミガラの上からブルーシートをかけて、丸太を上に置きます。

これまではブルーシートが飛ばないようにロープで周りの柱にくくっていたのですが、その方式だとどうしてもすき間ができてしまいます。

この方式なら雪山が融けて下がっていくのに追随してくれるのではないかと、試しにやってみることにしました。何事も「やってみる」ことが大事です。

雪室完成です。

例年より少し雪山が低いですが、例年以上にガチガチに固めてあるので、6月中旬くらいまで持ってくれないかなあと期待しています。

今日はお米の搬入がありました。現在、酢、日本酒、米、へしこ(減塩へしこ)、コーヒー豆を貯蔵中です。

2019年

2月

19日

番組ロケ

今日はNHKの番組ロケです。

NHKさんは、去年からずっと取材してくれています。

その前に、コーヒ豆を雪室に入れに来ました。

昨日の小浜市内は春のような陽気だったのですが、雪室はほとんど変わっていません。この季節はむき出しても十分な状態だなあと思いました。

貯蔵庫内の温度は2.3度です。

ボツリヌス菌の繁殖が開始されるのが3.3度なので、1度低い状態です。

「1度しか余裕がない」と思うかもしれませんが、この1度が5月中旬くらいまでは確実にキープされるのですよ。

コーヒー豆は、小浜市内のカフェメルカードミサキさんの自家焙煎です。

真空パックして、3重袋に入れて保存し、2ヶ月くらいで出す予定です。

4月下旬くらいになったら、雪室熟成コーヒーの深い味わいをお楽しみいただけますよ。

助太郎に戻ると、ロケ隊が到着していました。

今日は雪室がテーマではなく、無住集落・上根来がテーマです。

無住集落を研究しておられる林直樹・金沢大学准教授と、タレント女優さんが主役です。

今日は、「無住集落」(上根来がその状態)をテーマにした番組の収録でしたが、すごくいい内容で感動しました。

今回の一連の取材はもともとWACおばまのほうにオファーがあったので、雪室などの活動を通して「里山再生に取り組むNPO」みたいなイメージで取材が始まったように思うのですが、百里会の皆さんを紹介し、制作側としても百里会の取り組みを取材するうちに、話がこちらにシフトしていったのではないかと思います。

私が上根来での活動を紹介するプレゼンをするたびに枕詞のように言っている「誰も住んでないのに地域コミュニティが残っている」という点にフォーカスして、無住化が避けられなくなった時に、どんな無住集落になっていくか、という切り口で今日は話が進められましたが、なるほど確かに私もそういったことを感じていた(「考えていた」ではなく「感じていた」つまり明確に意識してはいなかった)ように思うのですが、こうして真正面から取り上げて言葉を紡いでもらうと、すとんと腹に落ちます。

雪室の活動は、見た目が派手というかわかりやすいのですが、そんなもの(と言ってはいけませんが)より、今日のテーマのほうがよほどTVとして問題提起するという点で、優先的に放映すべき大事な大事なテーマなんだなと納得した次第です。

雪室のほうは来週のニュース等で流すことにして、今日収録したほうは3月に本格的に流すそうです。制作担当さんは、当初雪室活動を切り口にする予定だったのが変わったことをわびておられましたが、それで全然問題ないと思います。いい番組を作ってもらえたなあという気がしました。感謝です。

2019年

2月

11日

つらら

クリスが小浜に来たので、雪室を見せてあげたくて、久々に上根来に行きました。

雪山はほとんど融けていません。

上に乗ったクリスと比べると雪山の大きさがわかると思います。

雪山の上に登ってみると、 ほとんど融けていないどころか、カチカチになっていました。

雪が降ってきました。

下界はぜんぜん降っても積もってもいないのに、さすがは上根来です。

そして、寒いです。

与左衛門にもたっぷりの雪が。

上根来集落の平均的な積雪深は30cmくらいでしょうか。

よく見ると、雪囲いを止めてある板がずり落ちていました。ビスの頭が飛んでしまったんですね。

助太郎も雪の中で軒下に盛大につららを下げていました。

こんな立派なつららはもうずいぶん長いこと見たことがないなあと記憶をたどると、もう18年ほども前に見たのが最後だなあと思い至りました。

上根来は標高300m、これだけの違いが、今年まったく雪のない市街地との大きな違いを生んでいるんだなあと感心しました。

2019年

1月

25日

貯蔵開始

雪山完成から5日目、日本酒を少し貯蔵しました。

この模様はNHKさんが取材してくれたので、また放映される予定です。

畜産団地の屋根には新雪が積もっていました。市街地は積雪などなかったのですが、そこは上根来。ちゃんと雪が降っているのです。

雪山はこのとおり元気いっぱいです。さすがにこの時期は寒いので、ほとんど融けていません。

バックホウで締め固めた雪山はしっかり締まっていて、今年は長く残ってくれそうな気がします。

これはどこでしょう。

ゲストハウス・与左衛門の玄関先の雪囲いです。

屋根から落ちてきた雪が、軒先に届きそうにどっさり溜まっています。

波板は板で挟み込んでビスで止めてあるのですが、毎年雪の重みでビスの頭が飛んで板が落ちてしまいます。

2019年

1月

20日

夜までがんばりました

前回作業から6日、上根来集落の雪はずいぶん融けました。

さあ、今日1日でなんとか完成まで持っていきたいところです。

…ということで、いきなり作業終了後の写真です。写真を撮る暇もなく、とにかくがんばりました。

午前中に前面の柵まで作り、あとはひたすらバックホウで雪を持ち上げて慣らしました。

結局夜までかかりましたが、何とか雪山は完成です。

あとはモミガラとブルーシートを被せて完成です。

帰路につくことにはもう真っ暗になっていました。

途中、シカがいました。珍しくも何ともありません。^^