今期雪室プロジェクト始動

今冬の上根来雪室プロジェクトが始動した。昨年の経験から学んだ様々なことを活かして、貯蔵庫の改良に着手した。

WACおばまの活動ではない。百里会の奉仕作業として地区民(というか、元地区民)の皆さんが中心になって、しがら組み施工予定地の整地と、貯蔵庫の向きを変えて入り口を切り離し、雪留め壁を作った。大工さんの実力を思い知るとともに、地元の方がこれだけ積極的に取り組んでくれることが嬉しくてならない。

 

貯蔵庫入り口の切り離し作業中。とにかくこういう仕事は上根来大工軍団に任せておくのが一番だ。

雪室貯蔵庫を90°回転させ、少し隙間を空けて入り口を配置し、雪留め壁を立ち上げた。午前中でここまで作業してしまうのはやはりすごい。

昼食はバーベキュー。我々もお相伴にあずかる。思えば去年からこういう場に招いてもらえるようになった。

午後は11/1鯖街道ワークショップに備えて下見。林道から降りて、丸太橋を渡る。

その先には不動の滝。日本遺産認定を経て、これから多くの人たちが根来坂を訪れるようになるわけだが、そこでこういう数多い地域資源を丁寧に紹介していかねばならない。

林道を上ると、視界が開けてくる。丹波高原の幾重にも重なった山々が美しい。

ズームすれば、上根来集落が見える。昔、といってもほんの20年か30年前までは、杉が今ほど育っていなかったので、もっとよく見えたという。

鯖街道は4つのルートがあるが、そのうちこの針畑越えルートは、昔のみちがそのまま残されているところが多い。道がいつしか掘り下げられてできた「深掘れ」。

池の地蔵。峠に近いところに井戸があって水が湧いている。かつては鯖を運ぶ人たちの喉を潤した井戸なのだろう。そのほとりにお地蔵様があり、上根来集落の人がお世話をしている。

雪室のある牛舎跡に戻り、焚き火を囲みみんなでこれからのことやら四方山話を楽しみ、4時前、本日の作業終了。

最近の活動ブログから

2018年

10月

23日

竹取の翁

今年も若狭東高校と一緒に「しがら組み」をやります。

今日はそのための竹を搬入しました。この竹は、20日に若狭東高校近くの竹林で伐採したものです。

かつて日本人の生活を支え、重要な一次産業産品だった竹は、いまや使い道もない厄介者。雪が降ればしなだれて道路通行の邪魔になります。

今回伐採した竹は、まさにそういう竹林のもの。しがら組みだけでなく、竹をもっともっと活用するようになったらいいですね。

2018年

10月

15日

実りの秋

ナツメが熟してきました。

ちょうど来訪された市内のご夫婦がに教えたら、懐かしい味だといっぱいもいで帰って行かれました。最近、ナツメの木なんてあまりないですからねえ。

ふと見ると、ドングリの殻の混じった黒いフンが落ちていました。げっ、これってクマ?それともサル?

 

上根来の人が「こねり」と呼んでいる小ぶりの柿もたわわに実っています。

上根来も実りの秋の真っ最中だなあ。

2018年

10月

01日

青ナツメ美味し

台風が次々にやってきます。

そんな中、久々に上根来へ。昨夜の台風24号だけでなく、強風だった21号の影響が気がかりだったのですが、ずっと行けていなかったのです。

下根来の遠敷川は濁流が渦巻いて流れています。

上根来手前。杉の枝葉がいっぱい落ちています。

実はアブラギリの実もいっぱい落ちていて、あたりがアブラギリ臭くなっていました。

その実を踏みながら車を走らせるので、車もアブラギリ臭くなるんですよねー。^^;

台風一過の秋晴れの上根来。

助太郎・与左衛門とも何事もなくたたずんでいました。

ついでに与左衛門の掃除機がけをしてきました。

ナツメの実がたわわに実りました。

まだ赤くなっていない実を取って食べると、青リンゴの味がして実にうまいのです。

この味を賞味できるのは今月中だけ。時々来ることにしようっと。

2018年

9月

17日

思いっきり外作業

毎日雨なのですが、上根来でアブラギリの実を収集するためのネット張り作業をしました。

もう5年以上前に、斜面を覆うアブラギリの間に、補助金をもらって張ったネットです。

まだ残っているんだろうかと思っていたのですが、しっかり残っていました。土が被ったり、シダが根を張ったりして、杭も腐っているものがありましたが、ネットは全部そのまま使えました。

午前中いっぱい作業をして、何年ぶりだろうかというくらいに全身泥だらけになりました。

でも気持ちいいですね。

2018年

8月

20日

今年もナツメが

宿泊希望者があったので、掃除などするために久々に上根来へ行きました。

澄んだ空気の上根来は、やっぱり下界より空が近くて、風が涼しいですね。

ナツメの実が今年もたわわに成っていました。秋が楽しみです。

しかしこのナツメ、いまだに裏年がないのが不思議です。