里山シンポジウム

これまで2年続けてきた「アブラギリシンポジウム」を「里山シンポジウム」と名を変えて開催した。アブラギリにとどまらない多くのテーマを取り上げるようになったからだが、わずか2年前の第1回アブラギリシンポと比べると、すごく充実した。それはまた盛りだくさんすぎてひとつひとつに時間をかけられなくなってしまったということでもあるのだが。(ここまで文章だけ)

投票をすませて若狭東高校へ。名簿上は35人ほどの参加だが、この寒さの中、みんな来てくれるかなと不安だったが、当日参加も含めて50人ほどになった。ありがたい。

 里山シンポジウム開会。これまでの経過を含む全体説明のあと、高校生のプレゼン。初々しくていいなあ。今年はアブラギリだけでなく、葛・こんにゃく・菊花も登場。若狭東高校の総合産業高校の面目躍如といった感じだ。毎年そうなのだが、高校生が一生懸命取り組んできた内容を一生懸命発表している姿を見ていると涙が出そうになる。

こんにゃく作りの体験コーナー。自分たちで植えて収穫したこんにゃく芋の皮をむき、ミキサーで砕いて凝固剤を入れて手練りでこんにゃくを作る。手作り感満載のこんにゃくは、「これ、こんにゃくか?」というほど歯ごたえがしっかりしていて、スーパーのこんにゃくと全然違う。これはすごい。

 

葛作りの体験コーナー。こちらはいろんな商品開発も進んでいて、いろいろなものができている。この日はトマトを使ったムースを作った。最初にトマトの青い香り、そのあとトマトなのか葛なのか、ふんわりほんのりした控えめな甘み。なかなかにうまい。

薬草にも取り組んでいる。菊花茶を飲み、菊花ジャムを食パンにつけて食べた。薬草茶っぽいほろ苦いジャムはうまかった。充実していたと思う。

アブラギリの榾木で栽培したきのこと、手練りこんにゃくを入れた豚汁風きのこ汁。これがまたうまいのだ。アブラギリ栽培のきのこは風味が濃いことを発見した。

そして葉寿司弁当。寿司6貫のうち4貫が究極のへしこ寿司、2貫が小鯛の笹漬け寿司。おかずは弁当なので腐りにくいものをチョイス。焼き魚、だし巻き、ぬたといったなど。T野君の力作は好評であった。容器もいいでしょ。持ち帰る人が多かった。

 

先ほど作ったこんにゃくが刺身で出てきた。やはり歯ごたえしっかり。これは酢味噌が合うかも。

午後はアブラギリ圧搾の実演ときのこ榾木作り。きのこ榾木の作り方を説明する生徒の前にずらりと並んだ参加者。^^;

今年は短木断面栽培。30cmほどの短木を輪切りにして、きのこ菌とおがくずなどを混ぜたものをサンドイッチにはさんでガムテープで止める。これを湿気があるが雨があまりあたらないところに置いておき、夏前にガムテープを外して輪切り面で外して雨があたらない陰においておくと、きのこがぶわーっと発生する。一昨年は予想以上に発生し、成功率も高かった。シンポは成功裏に終了。今日ははるばる富山県からも参加者があったし、まあとにかく充実していたと思う。

最近の活動ブログから

2018年

10月

01日

青ナツメ美味し

台風が次々にやってきます。

そんな中、久々に上根来へ。昨夜の台風24号だけでなく、強風だった21号の影響が気がかりだったのですが、ずっと行けていなかったのです。

下根来の遠敷川は濁流が渦巻いて流れています。

上根来手前。杉の枝葉がいっぱい落ちています。

実はアブラギリの実もいっぱい落ちていて、あたりがアブラギリ臭くなっていました。

その実を踏みながら車を走らせるので、車もアブラギリ臭くなるんですよねー。^^;

台風一過の秋晴れの上根来。

助太郎・与左衛門とも何事もなくたたずんでいました。

ついでに与左衛門の掃除機がけをしてきました。

ナツメの実がたわわに実りました。

まだ赤くなっていない実を取って食べると、青リンゴの味がして実にうまいのです。

この味を賞味できるのは今月中だけ。時々来ることにしようっと。

2018年

9月

17日

思いっきり外作業

毎日雨なのですが、上根来でアブラギリの実を収集するためのネット張り作業をしました。

もう5年以上前に、斜面を覆うアブラギリの間に、補助金をもらって張ったネットです。

まだ残っているんだろうかと思っていたのですが、しっかり残っていました。土が被ったり、シダが根を張ったりして、杭も腐っているものがありましたが、ネットは全部そのまま使えました。

午前中いっぱい作業をして、何年ぶりだろうかというくらいに全身泥だらけになりました。

でも気持ちいいですね。

2018年

8月

20日

今年もナツメが

宿泊希望者があったので、掃除などするために久々に上根来へ行きました。

澄んだ空気の上根来は、やっぱり下界より空が近くて、風が涼しいですね。

ナツメの実が今年もたわわに成っていました。秋が楽しみです。

しかしこのナツメ、いまだに裏年がないのが不思議です。

2018年

7月

31日

真夏の雪2018

今日は小浜市の夏祭り「わかさマリンピア」です。

その会場(駅前通りのホコ天)に雪室から雪を運び、子どもたちに真夏の雪遊びをプレゼントします。

雪室前面の壁を外して、バックホウで貯蔵庫背面に残っている雪をかき出します。

今年はトンパック(大型土のう袋)に雪を詰めて、これを雪山の一番下に埋めておきました。

これが圧縮されて、でっかりセンベイ状になって埋まっていたのを取り出します。

トンパック5袋。予想以上にしっかり雪が残っていました。

さらにモミガラの下に埋まっていた雪もかき出して、ダンプに乗せて運搬します。

はまかぜ通り(駅前通り)に積んで雪山にしました。

去年に比べると半分くらいの大きさかなあ。

でも十分雪遊びができる大きさで、さらにトンパックに入れておいたので雪があまり汚くないのがいいですね。

ずいぶん多くの子どもたちが遊んでくれました。

そして雪山の後ろの空き店舗を使って、雪室酒と減塩へしこの試飲試食コーナーを開設しました。

さすがに真夏に日本酒はちょっときついかなあ。

それでもけっこういい感触でした。

2018年

7月

27日

雪室珈琲第2回試飲会

カフェ・メルカードミサキさんで雪室珈琲第2回試飲会です。

今回こそは新聞にも来てもらい記事にしてもらったのですが、意外だったのが第2回と異なる結果になったことです。

濃すぎるくらい味が濃くなった2ヶ月ものが、居合わせたみんなが「美味い」と口をそろえる整った味になっていました。

冷凍してあったのに味が変わったのか?それとも開封していたわずかな時間に変わったのか?ナゾです。

そういえば、お酒は密封しておくとどんどん発酵が進んでスパークリング状態になるのですが、第1回は2ヶ月ものの豆を挽いてドリップしたらすっごい泡だったのに、今日は泡立ちませんでした。ガスが抜けた状態になって、本来の味になったということでしょうか。

うーん、ますます深い話ですねえ。